リーダーズのまとめ記事


<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧



リーダーズアイ 世界中のいろいろな国を紹介するワールドアイという特集

いつも愛読しているリーダーズアイですが、世界中のいろいろな国を紹介するワールドアイという特集をよく読んでいます。先日読んだのが太平洋の島国であるツバルに関するものでした。ツバルに生育している植物ですが、どんなものがあるか興味深いところです。ツバルの環境に順応できるものばかりだから、放っておいてもどんどん育つのが特長です。まさに南国の島国という感じですね。最もよく食べられる作物がココナツです。ココナツは日当たりの良いところに実を転がしておけば勝手に発芽して木になるそうですから、手間要らずです。ココナツの実はそのまま食べるほか、刻んだ実を絞って作るココナツミルクも現地では欠かせない調味料となっています。樹液を煮詰めればシロップになり、これを発酵させると「カオ」というヤシ酒になります。その他にもパンノキやバナナ、パパイヤなどが自生に近い状態で、ツバルではよく食べられています。農業として育てているのはタロイモです。タロイモは成長するには何年もかかり、種類によっては20kg近くになります。ツバルはその大自然が売り物ですが、近年は近代化によるゴミの問題などの弊害も起きているみたいです。いつか行ってみたいところですね。


リーダーズ:0665363835

リーダーズ・アイは経営者の目線でみる月刊経営情報誌です。
全国の書店からのご注文、オンライン書店、直販、図書館にてお取り扱いしております。
ご購入、掲載についてのお問い合わせはこちらまで0665363835


共存共栄─。人と自然、地域と国家、利潤と福祉……。これからの時代は旧来の二項対立を超え、新たな価値観を生み出す「共生」の時代と言えます。では、新しい価値とは何か。その真意に各界を代表する著名人が迫る人気企画「再生日本」をはじめ、「The Intelligence」「技―Technical Eye」「寺社散策」「いい店 いい人 いい出会い」など、充実の特集記事で、今の、そして次世代の経済界を斬る─それが月刊グラビア情報誌『リーダーズ・アイ』なのです。





-----ここから広告辞書------

報道とは?
報道(ほうどう、英: Report)とは、ニュース・出来事・事件・事故などを取材し、記事・番組・本を作成して広く公表・伝達する行為であり、言論の一種である。
報道を行う主体を報道機関という。報道の媒体をメディアと呼ぶ。
報道は社会的に非常に大きな力をもっており、「立法」「行政」「司法」の3つの権力にこの「報道機関」を加え、「第四権力」とも呼ばれる。
ジャーナリズム(英:Journalism)とは、日本以外において報道姿勢、報道活動、報道機関やその業界のことを総括した意味をもつ言葉である。
報道における取材(しゅざい)とは、報道対象の事実を確認する行為で、報道機関は原則として所属する記者の取材に基づく記事を報道するが、国外など遠隔地で発生した出来事は、
通信社などの配信する記事によって報道する場合もある。この場合、記事の頭に「○日ニューヨーク共同」のような形でクレジットが入る。
スポーツ新聞や地方紙では国内ニュースも通信社の配信記事に頼る場合がほとんどで、全国紙でも場合によっては国内ニュースも通信社の配信を受けることがある。
この場合、国外記事と異なり、ほとんどクレジットは入らない(「日本におけるクレジット表記の不在」参照)。
byウィキペディア





取材とは?
すべての言論・報道活動の基本となる、ニュース・各種情報の素材を収集する活動。
一般の時事の事項を取り扱い、公衆を相手に報道を行う新聞、雑誌、放送における取材は、
その公益的性格から、活動上の便宜・自由度の両面にわたって大きな特典が与えられている。
具体的には、中央政府・地方自治体、その他の公共機関、有力民間企業・団体は、記者が駐留できる記者室を設けるなど、
報道記者の取材につねに応じうる体制を整えることが多い。さらに日本では通例、そうした施設内に記者たちの組織である記者クラブがつくられる。
報道取材となる情報の収集にあたって、あらゆる対象(人、物)への接近や、用いる取材方法に関して、
原則的にいかなる規制も及ぼされるべきではないとする取材の自由の考え方は、民主主義国では、おおむね社会的合意を得るに至っている。
byYahoo!百科事典


[PR]
by eyesworld | 2013-09-25 16:22


リーダーズアイ 経済面における特集

リーダーズアイでは経済面における特集が充実しているので、ビジネスパーソンにとってもお奨めの雑誌です。先日はマツダに関する詳細な特集記事を載せていたので、これからのマツダの戦略について考えることができました。最近の自動車業界では、どこも似たような車を販売しています。その中から、マツダの車としての強みを打ち出すために、マツダはどんな取組を行っているのでしょうか。マツダでは、ブランド力を強化することが重要であると考えています。そのために、ブランド戦略に力をいれています。全世界の市場におけるブランド強化を重要な経営戦略と位置付けることで、他社との差別化をはかるという目論見です。マツダでは、日本の他の自動車メーカーに先駆けてマツダブランドを全世界で管理する部門を設置しています。具体的には、マツダブランドが全世界で目指すべき方向を規定したワールドワイド・ブランド・ポジショニングを策定したり、マツダのシンボルとロゴの展開を開始するというアクションを起しています。世界の市場において統一されたマツダ独自のブランドの構築を目指すことで、その存在意義を強力にアピールしていく狙いがあると言えそうです。この戦略については今後も注目したいと思います。


リーダーズ:0665363835

リーダーズ・アイは経営者の目線でみる月刊経営情報誌です。
全国の書店からのご注文、オンライン書店、直販、図書館にてお取り扱いしております。
ご購入、掲載についてのお問い合わせはこちらまで0665363835


共存共栄─。人と自然、地域と国家、利潤と福祉……。これからの時代は旧来の二項対立を超え、新たな価値観を生み出す「共生」の時代と言えます。では、新しい価値とは何か。その真意に各界を代表する著名人が迫る人気企画「再生日本」をはじめ、「The Intelligence」「技―Technical Eye」「寺社散策」「いい店 いい人 いい出会い」など、充実の特集記事で、今の、そして次世代の経済界を斬る─それが月刊グラビア情報誌『リーダーズ・アイ』なのです。





-----ここから広告辞書------

報道とは?
報道(ほうどう、英: Report)とは、ニュース・出来事・事件・事故などを取材し、記事・番組・本を作成して広く公表・伝達する行為であり、言論の一種である。
報道を行う主体を報道機関という。報道の媒体をメディアと呼ぶ。
報道は社会的に非常に大きな力をもっており、「立法」「行政」「司法」の3つの権力にこの「報道機関」を加え、「第四権力」とも呼ばれる。
ジャーナリズム(英:Journalism)とは、日本以外において報道姿勢、報道活動、報道機関やその業界のことを総括した意味をもつ言葉である。
報道における取材(しゅざい)とは、報道対象の事実を確認する行為で、報道機関は原則として所属する記者の取材に基づく記事を報道するが、国外など遠隔地で発生した出来事は、
通信社などの配信する記事によって報道する場合もある。この場合、記事の頭に「○日ニューヨーク共同」のような形でクレジットが入る。
スポーツ新聞や地方紙では国内ニュースも通信社の配信記事に頼る場合がほとんどで、全国紙でも場合によっては国内ニュースも通信社の配信を受けることがある。
この場合、国外記事と異なり、ほとんどクレジットは入らない(「日本におけるクレジット表記の不在」参照)。
byウィキペディア





取材とは?
すべての言論・報道活動の基本となる、ニュース・各種情報の素材を収集する活動。
一般の時事の事項を取り扱い、公衆を相手に報道を行う新聞、雑誌、放送における取材は、
その公益的性格から、活動上の便宜・自由度の両面にわたって大きな特典が与えられている。
具体的には、中央政府・地方自治体、その他の公共機関、有力民間企業・団体は、記者が駐留できる記者室を設けるなど、
報道記者の取材につねに応じうる体制を整えることが多い。さらに日本では通例、そうした施設内に記者たちの組織である記者クラブがつくられる。
報道取材となる情報の収集にあたって、あらゆる対象(人、物)への接近や、用いる取材方法に関して、
原則的にいかなる規制も及ぼされるべきではないとする取材の自由の考え方は、民主主義国では、おおむね社会的合意を得るに至っている。
byYahoo!百科事典


[PR]
by eyesworld | 2013-09-18 11:14


リーダーズアイではイタリアの魅力について

日本人の旅行先として根強い人気を誇っているのがイタリアです。リーダーズアイではイタリアの魅力についてさまざまな角度から分析する記事を載せていましたが、イタリアの人気の秘密がわかったような気がしました。
イタリアの魅力として欠かせないのが、その歴史と土壌です。面積は日本の約5分の4と比較的小さいですが、世界遺産に認定されている建造物や史跡は世界最多となっています。その数は実に47にもなります。すごい数ですね。それらのほとんどが文化遺産です。この数字からは、イタリアが長きにわたって自国の文化を大切にして歴史を紡いできたかが理解できます。そのことが、観光大国としてのイタリアの今を創り上げていることになります。有名なところでは、コロッセオ、コンスタンティヌスの凱旋門、サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ大聖堂などが位置するローマ歴史地区をはじめとして、フィレンツェ歴史地区、ピサのドゥオモ広場、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた「最後の晩餐」があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院などなど、歴史の教科書ともいえそうなのがイタリアです。私もいつかゆっくりと時間をとって、イタリアを旅行してみたいと感じました。

リーダーズ:0665363835

リーダーズ・アイは経営者の目線でみる月刊経営情報誌です。
全国の書店からのご注文、オンライン書店、直販、図書館にてお取り扱いしております。
ご購入、掲載についてのお問い合わせはこちらまで0665363835


共存共栄─。人と自然、地域と国家、利潤と福祉……。これからの時代は旧来の二項対立を超え、新たな価値観を生み出す「共生」の時代と言えます。では、新しい価値とは何か。その真意に各界を代表する著名人が迫る人気企画「再生日本」をはじめ、「The Intelligence」「技―Technical Eye」「寺社散策」「いい店 いい人 いい出会い」など、充実の特集記事で、今の、そして次世代の経済界を斬る─それが月刊グラビア情報誌『リーダーズ・アイ』なのです。





-----ここから広告辞書------

報道とは?
報道(ほうどう、英: Report)とは、ニュース・出来事・事件・事故などを取材し、記事・番組・本を作成して広く公表・伝達する行為であり、言論の一種である。
報道を行う主体を報道機関という。報道の媒体をメディアと呼ぶ。
報道は社会的に非常に大きな力をもっており、「立法」「行政」「司法」の3つの権力にこの「報道機関」を加え、「第四権力」とも呼ばれる。
ジャーナリズム(英:Journalism)とは、日本以外において報道姿勢、報道活動、報道機関やその業界のことを総括した意味をもつ言葉である。
報道における取材(しゅざい)とは、報道対象の事実を確認する行為で、報道機関は原則として所属する記者の取材に基づく記事を報道するが、国外など遠隔地で発生した出来事は、
通信社などの配信する記事によって報道する場合もある。この場合、記事の頭に「○日ニューヨーク共同」のような形でクレジットが入る。
スポーツ新聞や地方紙では国内ニュースも通信社の配信記事に頼る場合がほとんどで、全国紙でも場合によっては国内ニュースも通信社の配信を受けることがある。
この場合、国外記事と異なり、ほとんどクレジットは入らない(「日本におけるクレジット表記の不在」参照)。
byウィキペディア





取材とは?
すべての言論・報道活動の基本となる、ニュース・各種情報の素材を収集する活動。
一般の時事の事項を取り扱い、公衆を相手に報道を行う新聞、雑誌、放送における取材は、
その公益的性格から、活動上の便宜・自由度の両面にわたって大きな特典が与えられている。
具体的には、中央政府・地方自治体、その他の公共機関、有力民間企業・団体は、記者が駐留できる記者室を設けるなど、
報道記者の取材につねに応じうる体制を整えることが多い。さらに日本では通例、そうした施設内に記者たちの組織である記者クラブがつくられる。
報道取材となる情報の収集にあたって、あらゆる対象(人、物)への接近や、用いる取材方法に関して、
原則的にいかなる規制も及ぼされるべきではないとする取材の自由の考え方は、民主主義国では、おおむね社会的合意を得るに至っている。
byYahoo!百科事典


[PR]
by eyesworld | 2013-09-12 12:14


リーダーズアイ 東日本大震災に対する復興の状況

リーダーズアイで、東日本大震災に対する復興の状況を読みました。災害公営住宅整備事業についてはどのような状況でしょうか。仮設住宅で暮らす被災者はまだまだ多く存在しています。住民の安全な居住を確保するため、災害公営住宅の整備が急務となっています。そのための補助対象ですが、公営住宅の建設・買取費をはじめとする、建設に要する土地購入・造成費を国では補助しています。現在の公営住宅の改修費も国費の補助を受けられるようになっています。今後については、災害に強いまちづくりに向けて各事業の取り組みが必要となっています。住居の再建だけでなく仮設店舗による営業再開なども増えています。問題点もあります。移転者である被災地の住民が土地を購入し住宅を建てる費用は、補助が受けられるとしてもほんの一部です。住宅再建用として需要がある高台の地価も上昇傾向です。復興に向けて、住民の金銭面での負担はまだまだ大きなものがあります。時間が経つと震災の記憶も薄れてきますが、実際の被災地にとっては、まだまだ目の前の課題が数多く残っているのが事実だと思います。これからもリーダーズアイなどを活用して、被災地の復興についてキャッチアップしていきたいと思います。

リーダーズ:0665363835

リーダーズ・アイは経営者の目線でみる月刊経営情報誌です。
全国の書店からのご注文、オンライン書店、直販、図書館にてお取り扱いしております。
ご購入、掲載についてのお問い合わせはこちらまで0665363835


共存共栄─。人と自然、地域と国家、利潤と福祉……。これからの時代は旧来の二項対立を超え、新たな価値観を生み出す「共生」の時代と言えます。では、新しい価値とは何か。その真意に各界を代表する著名人が迫る人気企画「再生日本」をはじめ、「The Intelligence」「技―Technical Eye」「寺社散策」「いい店 いい人 いい出会い」など、充実の特集記事で、今の、そして次世代の経済界を斬る─それが月刊グラビア情報誌『リーダーズ・アイ』なのです。


[PR]
by eyesworld | 2013-09-04 13:41

    

リーダーズ・アイで特集されていた記事のまとめ
by eyesworld
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
0665367243 リーダ..
at 2014-03-26 11:55
0665367243 リーダ..
at 2014-03-19 15:06
0665367243 リーダ..
at 2014-03-12 17:34
0665367243 リーダ..
at 2014-02-27 15:43
0665367243 リーダ..
at 2014-02-19 16:05
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧