リーダーズのまとめ記事


<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧



リーダーズアイ 世界各国の文化や歴史

リーダーズアイでは、政治経済の話題から、世界各国の文化や歴史などの幅広い分野で詳しい記事を紹介してくれるので、いつも読むようにしている雑誌です。最近の記事で興味深かったのが、イタリアに関するものでした。
世界各国から観光客が訪れるイタリアは、歴史、文化、芸術など、さまざまな魅力がある国です。イタリアの主
要産業は、工業、農業、自動車業です。また、観光業の他にファッションや工芸など芸術分野でも世界的な地位を得ています。ファッション分野では、19世紀ごろから近代服飾・装飾産業が発展し、20世紀以降は、服飾ブランドのベネトンやプラダ、グッチ、ジョルジオ・アルマーニ、ジャンニ・ヴェルサーチ、ジャンフランコ・フェレ、バレンチノ、靴のサルヴァトーレ・フェラガモやトッズ、宝飾品のブルガリなどが世界各国に輸出されています。日本でもイタリア製のブランド商品は大きな人気となっています。そのほか、イタリア料理も世界的に有名で、モッツァレラやゴルゴンゾーラ、リコッタ、パルミジャーノ・レッジャーノなどのチーズのほか、ピッツァ、パスタをはじめとしたイタリア料理を目当てにイタリアへ行く人は大勢います。いつかは観光で行ってみたい国、それがイタリアですね。

リーダーズアイ:0665363835

リーダーズ・アイは経営者の目線でみる月刊経営情報誌です。
全国の書店からのご注文、オンライン書店、直販、図書館にてお取り扱いしております。
ご購入、掲載についてのお問い合わせはこちらまで06-6536-3835


共存共栄─。人と自然、地域と国家、利潤と福祉……。これからの時代は旧来の二項対立を超え、新たな価値観を生み出す「共生」の時代と言えます。では、新しい価値とは何か。その真意に各界を代表する著名人が迫る人気企画「再生日本」をはじめ、「The Intelligence」「技―Technical Eye」「寺社散策」「いい店 いい人 いい出会い」など、充実の特集記事で、今の、そして次世代の経済界を斬る─それが月刊グラビア情報誌『リーダーズ・アイ』なのです。


>キーワード

リーダーズアイ 報道通信社 リーダーズアイ取材 リーダーズアイ 電話 リーダーズアイ 国際通信社 リーダーズアイ 雑誌 リーダーズアイ 経営者 リーダーズアイ 企業家 リーダーズアイ intelligence リーダーズアイ インタビュー リーダーズアイ出版社 リーダーズアイ 世界遺産
[PR]
by eyesworld | 2013-10-30 13:07


リーダーズアイ 食品の安全について

リーダーズアイは、生活に役に立つ話題も豊富に載せている雑誌なので、いつも愛読しています。この前読んで参考になったのが、食品の安全についてです。市販されている食品には、ラベルが表示されています。このラベルには産地情報から始まって、含まれる栄養成分や添加物など、さまざまな情報が書かれています。最近ではカロリー量が書かれたラベルも一般的になっています。このラベルについては、食品表示法という法律によって、法的な規制があります。この法律では、食品の原材料、添加物、栄養成分などの表示方法を一元化するという目的があります。食品の表示については、回収事例の約4割の原因になっています。以前は食品のラベルに関する法律が複数あったので、食品メーカーにとっても非常に管理が複雑であり、その結果として間違いが生じるというリスクがありました。その状況を改善するために生まれたのが食品表示法です。消費者にとっては、わかりやすくて必要となる情報がラベルに書かれていることがベストです。特に、食品アレルギーに関する情報については、アレルギーを持っている人にとっては重要です。この法律によって、食品の安全がしっかりと確保されることが期待できると感じました。


リーダーズアイ:0665363835

リーダーズ・アイは経営者の目線でみる月刊経営情報誌です。
全国の書店からのご注文、オンライン書店、直販、図書館にてお取り扱いしております。
ご購入、掲載についてのお問い合わせはこちらまで06-6536-3835


共存共栄─。人と自然、地域と国家、利潤と福祉……。これからの時代は旧来の二項対立を超え、新たな価値観を生み出す「共生」の時代と言えます。では、新しい価値とは何か。その真意に各界を代表する著名人が迫る人気企画「再生日本」をはじめ、「The Intelligence」「技―Technical Eye」「寺社散策」「いい店 いい人 いい出会い」など、充実の特集記事で、今の、そして次世代の経済界を斬る─それが月刊グラビア情報誌『リーダーズ・アイ』なのです。


[PR]
by eyesworld | 2013-10-23 14:53


リーダーズアイ いろいろな視点からアベノミクスの行方についての記事

リーダーズアイでは、いろいろな視点からアベノミクスの行方についての記事を載せているので、今後の経済を占ううえでも参考になる雑誌です。先日の記事では、アベノミクスによってビール業界に活気がでてきたという内容のものがありました。最近発表された消費増税をきっかけとして、そのような好景気は後退局面入りする可能性はあるのでしょうか。消費増税の影響だけでなく、ヨーロッパやアメリカ、中国などの海外景気が想定外に下振れるリスクも懸念されています。安倍首相が推進する成長戦略の成果もまだ出ていません。これからの景気上昇のカギとしては、政府が成長戦略への継続的な取り組みスタンスを維持ことにありそうです。円安と株高が景気を底上げして、消費増税のマイナスを緩和するための政策措置が講じられることによっても、景気の回復基調は続いていくという分析もあります。消費増税をこなして景気回復の持続が確認された場合、企業の投資マインドは相当改善される可能性があります。経済連携協定の進捗やインフラ輸出政策で海外需要の取り込みが進み、医療・介護や環境・エネルギー分野での規制改革で新たな事業機会が徐々に生まれてくれば、日本の景気回復も本格的な流れになってくるのかもしれませんね。


リーダーズアイ:0665363835

リーダーズ・アイは経営者の目線でみる月刊経営情報誌です。
全国の書店からのご注文、オンライン書店、直販、図書館にてお取り扱いしております。
ご購入、掲載についてのお問い合わせはこちらまで06-6536-3835


共存共栄─。人と自然、地域と国家、利潤と福祉……。これからの時代は旧来の二項対立を超え、新たな価値観を生み出す「共生」の時代と言えます。では、新しい価値とは何か。その真意に各界を代表する著名人が迫る人気企画「再生日本」をはじめ、「The Intelligence」「技―Technical Eye」「寺社散策」「いい店 いい人 いい出会い」など、充実の特集記事で、今の、そして次世代の経済界を斬る─それが月刊グラビア情報誌『リーダーズ・アイ』なのです。


[PR]
by eyesworld | 2013-10-18 13:25


リーダーズアイ 捕鯨に関する詳細な分析

リーダーズアイを長い間愛読していますが、世界中の話題をコンパクトにまとめている編集方針が、とてもいいと感じています。最近読んだ記事では、捕鯨に関する詳細な分析内容が参考になりました。現在世界では捕鯨国と反捕鯨国との対立が表面化しています。捕鯨と反捕鯨の対立ですが、1960年代から始まっています。現在では80カ国以上の国が加盟しているIWCですが、1960年代に国別捕獲枠や減少鯨類の捕獲禁止措置を実施して、資源管理を強化しました。その結果として、アメリカ、イギリス、オランダ、オーストラリアなどの捕鯨国が、採算の合わなくなった捕鯨産業より撤退しました。かわって動物愛護、自然保護思想などの動きが高まり、反捕鯨運動が活発化してきました。1970年代に入って反捕鯨派と捕鯨派の対立が激化し、反捕鯨の風潮が高まる中、1982年に商業捕鯨モラトリアムが可決されました。商業捕鯨モラトリアムとは捕鯨の一時停止を意味し、この採択によって1986年から大型の鯨を対象とする商業捕鯨は全面禁止となっています。ノルウェーとアイスランドは、モラトリアムに異議申し立てを行い、商業捕鯨を再開しています。今後捕鯨がどのように推移していくのか注目したいと思います。


リーダーズアイ:0665363835

リーダーズ・アイは経営者の目線でみる月刊経営情報誌です。
全国の書店からのご注文、オンライン書店、直販、図書館にてお取り扱いしております。
ご購入、掲載についてのお問い合わせはこちらまで06-6536-3835


共存共栄─。人と自然、地域と国家、利潤と福祉……。これからの時代は旧来の二項対立を超え、新たな価値観を生み出す「共生」の時代と言えます。では、新しい価値とは何か。その真意に各界を代表する著名人が迫る人気企画「再生日本」をはじめ、「The Intelligence」「技―Technical Eye」「寺社散策」「いい店 いい人 いい出会い」など、充実の特集記事で、今の、そして次世代の経済界を斬る─それが月刊グラビア情報誌『リーダーズ・アイ』なのです。


[PR]
by eyesworld | 2013-10-09 14:20


リーダーズアイ 捕鯨問題

リーダーズアイを愛読していますが、週末に時間をとって、じっくりと読むようにしています。普段はあまり気にすることのない話題を幅広く読むことができるので、自分にとっては貴重な情報源になっています。最近の記事で興味を持ったのが捕鯨問題です。日本は古くから捕鯨を行ってきましたが、最近は諸外国からの反対によって、その規模は縮小しています。捕鯨問題を考えるにあたっては、鯨類の生存状況を知っておく必要がありそうです。日本捕鯨協会によると、現在確認されている鯨類は84種類いるそうです。そのなかで、絶滅の危機に瀕している鯨は実質いないそうです。かつて鯨油を目的として乱獲の対象となったシロナガスクジラやセミクジラも、今ではIWCの保護下にあって絶滅の危機にはありません。また、ミンククジラやマッコウクジラのように、個体数が豊富に存在する鯨類も確認されています。世界では、個体数が減って絶滅の危機に瀕している、あるいはその危険性がある種を“絶滅危惧種”と分類して、保護する傾向があります。現状の鯨類の個体数を見ると、鯨類が絶滅の危機にあるから捕鯨に反対という主張はロジカルなものではないことがわかります。今後の捕鯨に関する話題に注目してみたいと思います。


リーダーズ:0665363835

リーダーズ・アイは経営者の目線でみる月刊経営情報誌です。
全国の書店からのご注文、オンライン書店、直販、図書館にてお取り扱いしております。
ご購入、掲載についてのお問い合わせはこちらまで06-6536-3835


共存共栄─。人と自然、地域と国家、利潤と福祉……。これからの時代は旧来の二項対立を超え、新たな価値観を生み出す「共生」の時代と言えます。では、新しい価値とは何か。その真意に各界を代表する著名人が迫る人気企画「再生日本」をはじめ、「The Intelligence」「技―Technical Eye」「寺社散策」「いい店 いい人 いい出会い」など、充実の特集記事で、今の、そして次世代の経済界を斬る─それが月刊グラビア情報誌『リーダーズ・アイ』なのです。


[PR]
by eyesworld | 2013-10-03 11:05

    

リーダーズ・アイで特集されていた記事のまとめ
by eyesworld
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
0665367243 リーダ..
at 2014-03-26 11:55
0665367243 リーダ..
at 2014-03-19 15:06
0665367243 リーダ..
at 2014-03-12 17:34
0665367243 リーダ..
at 2014-02-27 15:43
0665367243 リーダ..
at 2014-02-19 16:05
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧